旅支度 そして旅立ち・・・?

2011.05.01 Sunday
ゴールデンウィーク突入ですねーー!


レイドオフィスの前、所狭しと旅支度が始まりました。





まさに、所狭しの路上組立風景

ご通行の皆様、毎度スミマセン(汗)





今回はベースキャンプスタイルなので、組み立てをして、カートップ(車へ積載)していきます。

とにかくガシガシ組み立てて・・・



組み立てて・・・



完成です!




そして、キャンプ道具も積み込んで・・・


あとはカヤックを積み込んでしゅっぱーーーつ!



今回は震災の影響や現状の安全確保も考え、
通常のゴールデンウィークツアーとは異なり下見の旅を選択しました。

なかなかどうして難しいところですが、
やはり皆様を海の上へ案内する身としましては、安全確保が第一の位置づけ。


本当は行きたい場所もあれば、紹介したいフィールドもあるのですが、
暫くお待ちくださいねー。

きっと、また漕げます! きっと、またあの風景に出会えます!




さて、その下見の旅ですが、レイドが未だ行った事がない場所
・・・能登半島へ行ってきます!



と、思ったら問題発生

スタッフTくん・・・腹痛(汗)

念の為に病院へ行く事を促し、旅支度とは違う方向へあたふた。



結果、大事には至りませんでしたが、当直の先生が整形外科の先生だったらしく

「あー、明日、内科の先生が居るから一応診せに来てね。」との事。

あーぁ(笑)



今夜の出発予定。。腹痛の為、明日へ延期。。。




出発前に既にハプニング

なかなかどうして今回の旅も楽しめそうです(笑)



明日こそ、「行ってきます」言わせてくださいっ


*************************************************************

岩手県宮古市 中の浜キャンプ場


東北に行くと、関東の我々は春を二度味わえます。

北東北では、今頃桜が綺麗な頃でしょう。


大変な事柄の最中、「無事だった」と嬉しい知らせと共に、
桜が咲いたと知らせが入ります。

また皆で見に行くからー!


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


あらためて旅支度 今度こそ旅立ち

2011.05.02 Monday
すっかり5月も2日目となりました。 



昨日の顛末から一夜明け

http://life.kayak-laidback.com/?eid=15
(↑昨日の顛末はコチラをどうぞ。)


すっかりTくんも復活!



個人装備を積み込み、昨日よりも荷室が埋まり



カヤックをカートップ(車載)していきます。



時々、「フォールディングカヤックは組み立てた状態で車に積んでも大丈夫?」

という質問を受けますが、「キャリアバーの前後の間隔が極端に狭い」
などでなければ、フェザークラフトに関して言えば車載可能です。

両サイドのスポンソンエアチューブの空気は入れずに積んでくださいねー。
空気が入ったままだと、固定ベルトを締めたらエアチューブがパンク!

なんて事にもなりかねませんから(汗)



ちなみにレイド号(スバル レガシィ)のキャリアバーの前後間隔は約100cm
ほとんどのシングルカヤックのコーミング前後の良い所に固定ベルトをかけられます。


複数を積む場合は、垂直タイプのカヤック用キャリアアタッチメントが便利ですね。
大手の車用キャリアメーカーからも発売されています。

http://www.carmate.co.jp/products/detail/2676/INA450/
(↑ RV-INNOのカヤックアタッチメントのページ)



空いていた反対側にも積み込んで


準備万端!  


今日こそ・・・行ってきます!


果たして能登の旅、どんな旅となるのやら(笑)



今回の下見ツーリングに伴い、5月3日〜6日までレイドバックはお休みをいただいております。
お問い合わせ等に関しましては、誠に勝手ながら5月7日以降の対応となります。
よろしくお願いいたします。

*************************************************************

岩手県岩泉町 斜陽の小本海岸


陸中海岸は川あれば浜があり、そして人があり。

そういった場所が多く、海だけでなく、川や山と共に生活がある美しい風景風情を持っています。


好きな所だからこそ忘れずに。
忘れない事から、できる事の形にしていきたい。

微力だけれど日々できることを続けていきたい。


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


能登半島 下見旅 その1

2011.05.09 Monday
「今日こそ・・・行ってきます!」の後・・・


http://life.kayak-laidback.com/?eid=16
(↑今日こそ・・・行ってきます! 下見旅出発のページ)


5月2日の夜、無事に出発できましたー。


関越自動車道から上信越自動車道、
北陸自動車道と日本を横断するような形で能登へ


北陸自動車道のトンネル群に眠さもピーク
スタッフ・タツオくんにハンドルを託し寝ているうちにここへ


ここ、どこ?  海が見えますが・・

と寝ぼけ眼で海を見に行きながら、造形物へ行ってみれば


おーーっ 「GATE OB NOTO」

とりあえず無事に能登半島へ入った様子です。


下見旅と言うと、旅のおもしろさも半減しそうですが、
仕事柄こんな旅もしてます。

なんでしょう、「カヤックをしにいく、乗りにいく」
といったニュアンスとはちょっと違い、
「カヤックで日本各地を旅する」・・旅したい! がベースの思い。


その土地の風土や文化に触れられる瞬間っておもしろい。
ましてやカヤックで巡れたら尚更ですねーー。

今回のような旅は、そんなこんなを見つけつつの下見旅になっている訳です。


さてさて、能登に入った我々が向かったのは


道の駅も兼ねる、七尾の「能登食祭市場」 

食も風土!

「その土地を知るには腹を満たせ!」 です(笑)



http://www.shokusai.co.jp/
(↑ 能登食祭市場のページ)

観光市場なのでしょうが、能登の海の幸が並んでます。
値段も"すれてなく"納得のいくもの。

奥能登へ向かう際は、ここで晩のおかずを仕入れるのも良いかもですね。


もちろんレイドもお兄さんに生きのいいホタテを選んでもらい、
食材ゲットしましたーー!


さて、食材も手に入れ、能登半島をさらに奥へ。
ベースキャンプ候補地へ向かいます。

第一候補地


「九十九湾園地野営場」

海、間近にて出艇着岸可能
車乗りいれ可能
管理のお母さんフレンドリー  

http://www.notozi.com/camptukumowan.htm
(↑ 九十九湾園地野営場の情報ページ)

小さな岬を回れば・・・


リアス式のこじんまりとした静かな湾 九十九湾 に入れます。


九十九湾園地野営場をベースに能登半島を北上する計画も立てたのですが・・・
能登半島、交通の便があまり良くない(汗)

以前、2005年までは北の珠洲市まで鉄道もあり、
海岸近い駅も要所にあったのですが、現在は廃線となり代替のバスのみ。

そのバスも残念ながら本数が少ない(汗)


今回はできるだけ多くの出艇着岸ポイントを見たいので、
さらに奥へ向かいます。




「恋路海岸」

駐車場有
出艇可


さらに北へ行き・・・


ここを本日のキャンプ地とするっ!

「見附島シーサイドキャンプ場」

海、間近にて出艇着岸可能
車乗り入れ可能
管理の「国民宿舎のと路荘」の皆さん優しい

http://www.notozi.com/campmitukezima.htm
(↑ 見附島シーサイドキャンプ場の情報ページ)


テント越しに見える島
あれが見附島ですねーー。

滑らかな海岸線に忽然とそびえ立っている見附島、
別名を「軍艦島」と言われています。

能登の象徴ともなり、多くの方がその写真などを一度は目にした事があるかと。


夜は・・・


ライト・・・アップされてます(汗)



キャンプ場巡りのようで、若干、俗っぽい気もしますが、
能登をカヤック旅される個人さんにも安心な情報をという事で。。

許してくださいっ(笑)


あ。。カヤック漕いでいる画がない(汗)



うーん・・次回へ続きます。。

************************************************************

能登の町並みで見つけたステッカー



2007年 能登半島地震

能登も大きな災害に見舞われました。

元気な町並みの中にも、その時の記憶を見つけます。
その記憶を持ちながらも、元気に復興した姿もそこに在る。

こつこつと一歩づつ元気を取り戻してほしい。

その為に今もできる事をこつこつと。

あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


能登半島 下見旅 その2

2011.05.13 Friday
 能登の下見旅のつづきです。


http://life.kayak-laidback.com/?eid=18
(↑ 前回のお話「能登半島 下見旅 その1」はコチラ!)


能登半島東側の見附島まで来た我々

この辺りまでの海岸線は、道が海沿いを走る、
割と穏やかーな表情を見せていました。


能登半島のワイルドな表情を求めさらに北上します。

・・・が

東側から北西側へ出てみれば・・・あはは。。


この日、北西の強風

予想はしていましたが、道の途中のビューポイントから見てこの様子。


「椿展望台」からの眺望


「行けば、行った日、いつでも漕げるというものではない。」

はい、おっしゃるっ通りです。。。(笑)




能登の北側を漕ぎたく、出廷着岸ポイントを下見しながらのこの日

至った先がここ




「木ノ浦海中公園」

http://www.hot-ishikawa.jp/search-detail.php?id=900-sz000132
(↑ 木ノ浦海中公園の情報ページ)

海中公園との名、ダイビングのポイントのようですね。
そのおかげか、写真のように、車を停めて目の前から出艇可能。

キャンプこそできないようですが・・・

海、間近にて出艇着岸可能
駐車場有り
トイレ有り

能登半島最先端「禄剛崎(ろっこうざき)」へ漕ぎ出すにも良いポイントです。

能登はこの禄剛崎を境に、
北東および東側を「内浦」、北西および西側を「外浦」と呼ぶようです。

http://www.hot-ishikawa.jp/search-detail.php?id=900-sz000085
(↑ 禄剛崎はこんな所! 禄剛崎の情報ページ)



木ノ浦の湾内は静かなのですが、
湾を出たらあの風とブレイクしたうねり。


どーしよーかーーっ・・・ 


の3秒後にはきびすを返すように内浦へ


そして、相談をし




結局・・・




軍艦島。。(汗)  見附島ですねーー。

そう、キャンプ場の目の前です。(笑)





あーぁ(笑)

こんな時もありますね。

能登まで来たのに
日本海に来たのに

なーんて思いもありますが、それもまた旅。



あ、日本海と言えば

余談になりますが。。

太平洋側から来た者にとって、一つ驚くのが日本海の干満潮位差。
太平洋側に比べ少ないのですねー。


ちなみにこの日、潮は大潮。
太平洋側のある場所では干満潮位差は100cmを超えます。

が、日本海、この能登近海では・・・最大29cm!


それが故に

こういった京都の伊根の舟屋(写真奥の建物群)のような、
極めて水に近い建造も出来る訳です。


結局のところ、漕いだ時間も短くなってしまった能登の旅(汗)


今回の情報を元に、

「次回は海から能登を旅したい!」と決意も固まりました。

待っていろ能登半島!


って、能登半島は逃げませんね


はい、ぜひまた、伺わせていただきまーす!


************************************************************

石川県 八世の洞門のモニュメント



地震当時、崩落と共にトンネルは塞がれ、道が断たれてしまいました。

今はと言えば、立派な道がその面影を残さずに通っています。

でも、あの時を忘れずに、きちんと記憶に留め、
過ぎた事とせずに残しています。


能登でも東北への応援の言葉をたくさん目にしました。

こつこつと、できる事を今日も。

あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


能登 下見旅 おまけ

2011.05.17 Tuesday
 能登の下見旅 おまけ編です。


カヤックねたとはちょっと離れて・・・
旅の中で出会ったいろんな風景を紹介します。

まずは美味しかったものを




七尾の食祭市場で買出しの合間にいただいたのは。。。こちら



岩牡蠣!

新鮮なところを、ツルンと一口でいただくはずが、
大きすぎて一口ではいけませんでした

いやいや、すいません、ほんと。。と、謝ってしまいたくなる美味しさ(笑)

海の恵みですねーー


続いては、こちら



イカです。 半日干しらしいのですが、これがまた美味しーー

これ写真で止まっちゃってますが、
実際は台の下にモーターが付いていてぐるんぐるん回ってます。

ぐるんぐるん回って干されているのですねーー
足が伸びているのはその遠心力(笑)


このイカ、元漁師のおっちゃんが焼いてくれてて、おっちゃん曰く。。

「このイカが美味くなかったら、他に美味いのはないっ 
市場で一番いいイカだ・・触ってわかるんだ これが今日、能登で一番うんまい。」 



確かにうんまかったです(笑)
本当に美味しかった!


移動途中は能登丼!


この能登丼ですが、実はとてもおもしろいのです。
ちなみにこれは、牛のタタキ&温泉卵の能登丼。

「これは」なんて言うと、じゃあ違うのもあるの?って感じですよね、

あります(笑)

「能登丼とは石川県奥能登地区、2市2町(珠洲市、輪島市、能登町、穴水町)
の店舗が提供する、地元素材を使ったオリジナル丼です。」

らしいです。

なので、ここのお店珠洲市でしたが、
「ここは」牛のタタキと温泉卵のどんぶりご飯という事です。
他には海鮮物などの能登丼もあります。

能登丼について詳しくは、こちらのページを。。

http://www.okunoto-ishikawa.net/modules/donmap/
(↑ 能登丼の情報ページ 「能登丼の定義」が解ります(笑) )


味はもちろん、美味しくいただきましたーーー!


続いて、道すがら見つけた風景



能登半島、「以前、2005年までは北の珠洲市まで鉄道もあり・・・」
と「能登 下見旅 その1」でも言いましたが、
 
http://life.kayak-laidback.com/?eid=18
(↑ 「能登 下見旅 その1」の記事)

このように、まだ駅の標識が残っていたりします。

ちょっと解りにくいですが、田んぼの一段上が駅です。


もちろん列車は走っておらず、
キャンプ地とした見附島の最寄り駅「鵜飼」の駅はこのような様子。



駅舎はありましたが、中には入れません。

横の改札からホームに入れるので、入ってみると・・・


線路の無い駅。

なんとも不思議と言えば不思議な光景。



対面ホームへ渡る、アスファルト部分に残った線路の一部。
敷石の上には枕木もレールもありませんでした。

この路線が残っていればカヤック旅も更に楽しみが増すだろうに・・・。
勝手ながらに惜しむべき今のこの光景です。


鉄道が好きな方の中には、
廃線になったこの路線の駅の今を巡る方もいるみたいです。

それもまた、カヤックとは離れますが、旅のテーマとしてはおもしろそーー。


最後は、帰り際、海岸線からの風景


見えづらいけど。。わかるかなぁぁ


海の向こう、空に浮かぶは。。雲!

ではなくて、立山連峰の山々ですねーーー。
雪の頂が連なっています。

「海の向こうに立山が見える。」話では聞いていましたが、
実際にこの目で見ると、なかなか心動かされる美しさがありました。


能登、多くの方に感想も聞かれますが。。
良かったですよ(笑)


趣もあり、能登の独特の風情あり、
それを楽しみながらのカヤッキング、いいんじゃないでしょうかー。

でも。。。今度はやはり海から見たいっすね(笑)


************************************************************

岩手県 霧の北山崎


「元気?」 と、聞くと、
「元気ですよー!」と本当に元気そうに返ってくる。

「足りないものは?」って、聞くと、
「うーん。。わはは(笑)」と、急に口ごもる。

頼まれたものに合わせ、送る荷物に米を入れておこう。

あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


旅心ツアー準備

2011.09.21 Wednesday
 
 こんにちは!タツオです。

今回は、ツアー準備品をご紹介します。




はい、ドーン!
鍋、やかん、ストーブ、タープ、焚き火台、燃料、お米、お茶などなど!



えーと、上の画像は共同装備ですね。今回のツアー準備品は[必要最低限これだけは]

という物をピックアップして用意しました。

行うツアーによって準備する道具はもちろん増えたり減ったりしますよ。

で、[基本は地の物をお店で食べる!] [でもお店がなかったら困るなあ...]

と旅心ツアーならではの楽しい!?心配事をしながらの装備品たちです!



もう少し詳しく見てみましょう!


鍋、やかん、黒い袋は調味料などが入ってます。

超万能選手、ダッチオーブンももちろん参加しております!今回は10"サイズですね!

ダッチオーブンについては色々と思い出が......と長くなりそうなので(汗)

いずれ機会があれば(汗)






黄色い防水バッグたちの中身は...

タープ、ガスストーブ&ガス玉、スープ、お茶セットなどですね!

こちらの各装備たちも、行うツアーによって別の物が

出動したり、お休みだったりします。






お次は焚き火セットです。

革の手袋と比較していただくそのサイズが解ると思いますが
焚き火台もミニマムサイズ!画像四角いのがそうです(汗)
組み立てた画像...ありません(涙)

撮るの忘れてしまいました(涙) ドンマイっす。

そして火箸と折り畳み式ノコギリ!

焚き火セットの内容もシンプルですね!




赤い防水バッグには燃料が入ってます。

最後はお鍋の後ろに見える、フィルム状の物は...お水を入れるバッグです!


 この共同装備品たちはツアー参加者の方々に配られ(お願いしますっ)、

各カヤックの荷物の一つとなり、旅の苦楽を共にする仲間となります!(物ですが..) 



 さて、ツアー準備もおわり、ふと外を見ると...風、強いんすけど(汗)...

台風め!...早くどっか行って下さい(涙)




***************************************


宮古 国民休暇村キャンプ場



気の置けない仲間たちとの楽しい時間。

「帰りたくないなあ」

いつもそんな気持ちにさせてくれました。


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


旅心ツアー

2011.09.28 Wednesday
 
こんにちは!タツオです。

今回は旅心ツアーの様子をご紹介します!


はい、いきなりの出艇準備!ここは日本海、新潟県新潟市 海産物が有名な寺泊
よりすこし北の角田浜です!ここから越後七浦を目指します!





ビーチからの出艇です...台風の影響かやや荒れ気味(汗)
水平線の先に見えるのは...佐渡島ですね 以外に大きく見えます!



少しうねりのある海、う~ん!シーカヤッキング日和!





角田岬を越えて



のんびりとパドリングしていると



あれ?もう着いちゃった(汗)越後七浦、画像左の大きな岩が立岩ですね。



散策ツーリングを終えて ビーチに戻ってきた怪しい面々(笑)
この日は太陽が本当に眩しかったです!...サングラスを忘れて大変でした(涙)



皆で協力してカヤックをビーチから上げて、しばしの和みタイム 




参加者の皆様!ツアー初日おつかれさまでした!

次回に続く!


***************************************


陸中宮古の海



「ここはどこ?」 「カリフォルニアのはるか沖ですよ」

「え〜(笑)」 「ベーリング海峡のはるか沖でしょ!」

こんなジョークを飛ばしながら旅は続きます。

海は繋がっているから。


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


旅心ツアー その2

2011.09.29 Thursday

こんにちは!タツオです!


二日目の朝、テントを出て最初に僕の目に飛びこんできたのが上の画像の
ザリガニ君です! こんなにも敵意をむき出しにされたのは小学生以来です(汗)


という訳で、前回に引き続き、今回も旅心ツアーの様子をご紹介します!

 前回のはこちらから↓
http://life.kayak-laidback.com/?eid=41



今日も良い天気!波も穏やかですね!
画像奥に見える山は標高481Mの角田山ですね。





快晴で風もほとんどない中を淡々と漕いでいると...



なんだか



なんだか...



とっても...



眠くなるわけで...寝てますね(笑)あ、これは休憩中の一コマです。
カヤックツーリングでは、だいたい50分漕いで10分休憩します。
50分漕いでは10分休憩。50分漕いでは10分睡眠、あ 違うか(笑)を繰り返して
その日の目的地を目指していきます!



洞窟があれば入ってみたくなるのが人情ってものです。




一見「行けるの?」て所も以外に行けちゃいます!





片付けをすませて、しばし今回のツーリングを語らう時間...まあ雑談してます(笑)
海の上もいいけれど、こういう時間も好きです。




参加者の皆様、今回も楽しい時間を過ごさせていただきました!
どうもありがとうございます!また旅しましょうね!
 


***************************************


宮古産花見牡蠣



この牡蠣を食べて牡蠣が大好きになりました。

うまいんだな〜〜これが!


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


旅心ツアーin鼠ヶ関 その1

2011.10.14 Friday
こんにちは!タツオです!

今回は旅心ツアーin鼠ヶ関の様子をご紹介します!



まずは腹ごしらえという事でやってきたのはこちら!
鼠ヶ関港鮮魚センターです!



おいしそうな海産物たち おばちゃんがその場で焼いてくれます!
ん〜〜うまかった!ごちそうさまでした!



海の様子は...画像では判りづらいのですが...
荒れてます(汗)
テトラポッドの先に白波が見えますね。
さてどうしたものか...



天候の回復を天に祈りつつ、準備を進めていきます!


濡らしたくない物(衣類、寝袋、テント、貴重品など)は防水バッグに入れます。
そしてカヤックの中に、バランスよく詰め込んで出掛けるわけです!





しかし...

出発予定時刻が近づいても天候が好転する様子はなく...
参加メンバーに告げなければならない一言。
「本日停滞します!」
外で遊ぶからにはお天道様には逆らえません(涙)でも、でも..

やっぱり漕ぎたい!


という訳で停滞は決めたものの、ちょっとだけ(笑)
様子見に出ることに!


いやいや


なかなか


...すみません(涙) 画像中央あたりになにか見えますね..
頭しか見えませんね(汗)




テトラポッドの外と中では大違いです!



「まあ今日の所は勘弁してやるか!」
と負け惜しみをいいつつ、その後そそくさと温泉に向かう一行でした(笑)

次回に続く!

***************************************

魚菜市場の前にて 宮古市



仕事抜きでまた行きたいなあ

いいや、行きます!


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


旅心ツアーin鼠ヶ関 その2

2011.10.22 Saturday
 こんにちは、タツオです!

...Dさん温泉のお味はいかがでしたでしょうか?


前回から時間がだいぶ空いてしまいましたが(汗)
旅心ツアーin鼠ヶ関の続きです!

 前回のはこちら↓
http://life.kayak-laidback.com/?eid=46




今日こそ鼠ヶ関から出発です!毎回似たような出発風景にみえますが..
旅心ツアーはキャンプツーリングです、なので...


はい!カヤックの中はこの画像のように荷物が満載です!
カヤックの容積に合わせて、防水バッグの大きさを工夫したり、
どの荷物をどの大きさの防水バッグにいれるか?など実際試してみると
以外に戸惑ってしまうこともあります。


そして準備が早く終わり静かに他のメンバーを見守るH夫妻..
今回キャンプツーリング初参加なのですが(汗)準備、早いですね...



昨日とはうって変わり絶好の漕ぎ日和ですね!
弁天島灯台も美しくみえます!


これから温海温泉を目指して出発です!







時刻はちょうどお昼、[道の駅温海]に海からおじゃましました。
気持ちの良いウッドデッキにてお昼ご飯です!
この場所、気持ちいいです!おすすめ!

今回ご参加いただいたメンバー
H夫妻(Hさん&Kさん)、Dさん、Kさん、Sさん、そしてコマザキ、ウエノです!



 おなかを満たしたところで、午後のパドリングタイムへ!
午後って光のせいか、とてもけだるく、漕いでると眠くなってしまいます。



と、けだるい午後のパドリングタイムは大幅に割愛し(笑)
今日のゴール地点への目印!巨大なこけしです!
温海温泉街への分岐点ですね、
ぼくらの目的地は温海温泉駅のすぐ目の前にあるビーチです!
あとひとがんばり!



無事上陸!そして最後のひとふんばり!
今回のキャンプツーリング、食事は全て外食にて済ませましたので
フル積載していないものの、カヤックは結構重くなります。
参加メンバー全員で協力しあってカヤックを陸にあげます!
その様子を撮影している..私?
も、もちろん先にお手伝いしましたよ(汗)



どんな物をどのように積み込んでいたか?これはコマザキの装備です。
PFD、スプレースカートなど身につける物を除いた荷物が
今回カヤックに積み込んできた物ですね!
個人の荷物(テント、マット、寝袋、着替え、など)
と共同装備(テーブル、なべ、やかん、ストーブ、など)
と、結構入ってましたね!



そういえば...薪、使いませんでしたね...



 ツアーにご参加いただいた皆様!おかげさまで今回も
楽しい時間を過ごさせていただきました!
どうもありがとうございました!また旅に出掛けましょうね!


***************************************


宮古市 浄土ヶ浜の隅 
 

青空の下、即席の厨房にて腕をふるうガイド2名

ん?2名?「タツオ君、今日は鍋ぶちまけないでね」

「は、はい~~!」

1名、じゃま者のようです...


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト







にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています




MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode