道具の話 −デッキバッグ−

2011.02.02 Wednesday
しばらくの間が空いてしまいましたが。。。


引き続き「道具の話」です。



デッキバッグ

カヤックを楽しんでいる方々は、その名を耳にし、その物を目にし、
ご存知の方も多いかと思います。

が、ちょっと説明を



その名の通り、デッキ(船体上部)取り付けるバッグです。

コクピットから手の届く範囲に取り付け、
パドリング中に必要であろう「あれこれ」を入れておく為のバッグなのですね。



コクピットに着座してのデッキバッグ眺望





バッグの中では、その使用法を絞られた異端児。

ですが、その異端児・・・
ではなく「デッキバッグ」が実はかなり使える便利な道具です。


カヤックという乗り物、必要な装備は数々あれど、
それを留めるにはカヤックに予め装備されたバンジー(伸縮)コード、
言わばゴム紐に頼らざるを得ないところがあります。

PFD(ライフジャケット)のポケットにしても、やはり制限はでてきます。



飲み物をバンジー(伸縮)コードに挟んでおいて、波にさらわれる姿を何度見たか。
ビルジスポンジが、デジカメが。。。


そこで、デッキバッグの登場です。
ほんとに良い仕事をする、便利な道具なのです。



ちなみに、レイドの面々が使っているのは、
「Feathercraft」(フェザークラフト)製の「LT デッキバッグ」。


では、その「LTデッキバッグ」を細かく見ていきましょう。




写真からお解かりになるかもしれませんが、
上部のほとんどがメッシュ素材でできています。

メッシュ素材は、とても水抜けがよく、
そして陸に上がった時に乾きやすいので助かります。

濡らしたくない物は防水バッグに入れて、デッキバッグ内へ納めましょう。



中央のグレーの部分は、Feathercraft(フェザークラフト)カヤックのデッキ素材と同じ、
ポリテック素材を使っています。
このグレーはFeathercraft(フェザークラフト)で言うところの「カーボン」色。

他にも、グリーン、レッド、ブルー、オレンジ、イエロー、と、
色を揃えていますのでカヤックの色とコーディネートもできます。


この色つき部分、単におしゃれを意識しているだけでなく、
このポリテック素材が補強とバッグに張りを持たせているように思えます。

これが無いと、メッシュ上部が くたくた になってしまうのだろうなぁ。




ファスナーは片手で楽々開閉。
つまり、片手にパドルを保持したまま開閉ができます。





ファスナーを全て開くとこのようになります。



開口部がつぶれずにあるのは、開口部の上のアーチに芯が入っている為です。
これで入り口は開いた状態となり、物の出し入れがしやすくなってます。

デッキバッグの底部が顔を覗かせましたが、
底部はFeathercraft(フェザークラフト)カヤックのボトム(下部)と同じデュラテック製。
とても丈夫な素材です。



カヤックへの取り付けもとても簡単で、四隅にあるベルト&フックで・・・



カヤックの艤装に引っ掛け、ベルトを締めればOK!

各ベルトの長さ(取り付け部、フック部含む)も12cm〜32cm(実測値)の範囲で調節できるので、
様々なカヤックに対応します。




そして更に、この「LTデッキバッグ」には秘密があります。

指先の部分、底が剥がれた訳でなく





底が二重になっていて、側面中央部から




手を入れてますが。。。

ここにパドルを差し込んで、パドルフロートレスキュー時のパドル固定ができます!





−イラスト:Fethercraft(フェザークラフト)社−


これ。。。どうなんだろう

デッキバッグはバウ(前部)デッキに付けるわけで、
でも実際のパドルフロートレスキューはスターン(後部)デッキにパドルを固定したほうがやりやすい。

検証の価値ありですね。


いずれ行いましょう!

「LTデッキバッグのスリットはほんとに便利なのか!?」

検証の結果を得次第、ブログで報告をします。



デッキバッグって、その存在を知られているのでしょうが、
現場では思いのほか使っている人を目にしないような気がします。



使ってみると、身支度の手間が減ったり、忘れ物をしなくなったり、
物の流出を防げたりと、とても便利な道具です。

まだデッキバッグを使った事がない方、これからカヤックを手に入れる方、
レンタルで漕がれている方、様々な方におすすめできる道具ですよー。


次回は「デッキバックの中身」

いったい何がそこに入っているの?


極めて個人装備になりますが、公開いたします。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


道具の話 −デッキバッグ 番外編−

2011.02.18 Friday
 デッキバッグにまつわる話が続きますが・・・

「番外編」  

言い方悪いかもしれませんが、小ネタをひとつ。(笑)




Feathercraft(フェザークラフト)の「LTデッキバッグ」ですが、
こんな「輪っか」が付属品として、付いてきます。



紐の長さは約25cm、太さは3mmかな、ナイロン製の細引きですね、
それで作った「輪っか」

写真は1つを手にしていますが、これが4つ付いてきます。



この「輪っか」、何かといいますと。。。


1.このように、デッキライン(艤装としてデッキ外辺に張られたロープ)に乗せ・・・



2.片方を半円状の紐を、対の半円状の紐の下に・・・



3.くぐらせて・・・



4.上に抜くっ



5. 1〜4を、もう一度。内へ巻き入れ、上に抜くっ。



6.抜いた元の半円状の紐を引き絞ると、こんな形になるっ! はずです(笑)



・・・という、使い道の「輪っか」なんですね。



じゃあ、何に役立つのさ?というと



こんな風に、「フックなどを掛けたい場所に掛けるべき施しが無くてもかけられる」
為のものなんですねーー

なかなか良い仕事をする「輪っか」なのですっ!(笑)


通常、Fethercraft(フェザークラフト)製カヤックのデッキには、
「フックなどを掛けたい場所に掛けるべき施し」があります。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=4
(↑デッキバグの記事です。艤装のプラスティックDリングに掛けてます。)


しかし、全てのカヤックに「フックなどを掛けたい場所に掛けるべき施し」
つまり、「アイ」があるとも限りません。


そんな事も考慮しての、おまけの「輪っか」でしたーー。




ちなみにこの結び方「プルージック結び」といいまして、
登山などの世界ではメジャーなロープワークの一種。

「輪っか」を作る際、一本のロープを輪になるよう結ぶ為、結び目ができます。

実際の「プルージック結び」では、輪にした際の結び目の位置なども考慮し、
形を作り結ぶのですが・・・

「デッキ艤装に於いては大きな力がかからないであろう」事から、
結び目の位置を、あえて邪魔にならない外側、へ持ってきています。


この手法、フックを掛けるだけでなく、バンジー(伸縮)コードを張る際にも使えます。



「フックなどを掛けたい場所に・・・」しつこいですね(汗)



あらためまして・・・

フックやロープを施したいけれど、「アイ」が無い時、
細引き4本でできるこの小ネタ

よろしければお試しくださいねー。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


FCパックカート リニューアルしました。

2015.06.15 Monday

どうもです!タツオです。

今回はこちら!

P1050434.jpg
コンパクトに収納可能なFCパックカートがリニューアルしましたー


P1050432.jpg
旧パックカートとの比較
ペットボトルを挟んで左が旧、右がリニューアルバージョンですね。

上部のフレームが短くなり、左右のフレームが分割されて長さが二段階に
調節可能になりましたー


P1050441.jpg
ココが調整可能になった部分。

フェザークラフトのカヤックフレーム同様にスナップボタンで長さを
変更できます。

これにより...
P1050439.jpg
トラベルスタイルバックパックを装着した際、
地面との隙間がかなり大きくなります!


P1050435.jpg
こちらは従来の仕様、こうして比べると一目瞭然です。


P5311589.jpg
リニューアルによって地面との隙間が大きくなり、バッグのずり下がりに
よりホイールや地面との接触の可能性がほぼ無くなったのではないでしょうか。

電車、バスなど公共の交通機関を使用しての旅に便利なパックカート。

パックカートというだけあって、分解した際のコンパクトさとカートとしての
機能のバランスが良いのが特徴です。



あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

 
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Feathercraft Doug Bag(ダグバッグ)入荷しましたー

2016.01.19 Tuesday

どうもです!タツオです。


今回はこちら!
P1082041.jpg
Feathercraft社製 Doug Bag(ダグバッグ)をご紹介します。

名前の通り、Feathercraft社のダグ社長が自ら使うためにデザインし
製造された品でございます。

容量20Lのシンプルな防水バッグスタイルの中にフェザー社お得意の
電磁溶着技術を投入して機能性をプラスしております。


P1082035.jpg
背面はこんな感じ

取り外し可能なショルダーストラップが付属します。

Dリングが4カ所溶着されているので任意の位置に付け替えが可能です。

写真ではななめにたすき掛けする様装着されていますが、縦につなげて
ワンショルダー仕様にする、など使い方はさまざまにアレンジできますよー


P1082039.jpg
前面に戻り、大き目なポケットが1つ。

ここにも電磁溶着が使われてます。
マチはないので薄い物の収納(携帯など)は可能です。


P1082038.jpg
ジッパーは勿論信頼のYKK製です。
止水ジッパーとなってますので完全防水ではない点は注意して下さいね。


P1082036.jpg
ショルダーストラップにはスマートフォンなどが収納可能なポケットと


P1082042.jpg
ポケット無しのバックルが付属します。

付け替え可能なので使いやすい方をお使いください。


P1082043.jpg
底面はオーバル形状となっており、背負った際にも膨らみ過ぎず、
またカヤックにも積載しやすい形状です。

..写真では少々歪んでおりますが(汗)中に入れる物次第です(笑)


P1082037.jpg
カヤックに携わっている人達にとっては入り口をロールダウンする
いわゆるドライバッグはポピュラーな品として認識されていると思います。

ツーリングに出る際に濡らしたくない持ち物を入れる道具として複数準備
する、カヤッキングには必需品ともいえる道具。

その機能性はやはり防水性の高さにあるわけですが、街中で使うかというとちょっと..
というかそもそも街中で使うようにデザインされていない訳で(汗)


P1082041.jpg
そこで!このダグバッグです。

マットで落ち着きのある質感の素材、任意に設定できるショルダーストラップ、
加えて防水性という機能。

ダグバッグなら自転車やオートバイでの使用は勿論、
街中で持ち歩いていても違和感はないでしょう!

あ、勿論カヤッキング時にも色々使えて便利ですよー!


気になるお値段は、
 ・Doug bag(ダグバッグ) ¥15,120-(消費税込価格)です。

入荷数は僅かです(汗)
気になった方は是非どうぞー!



あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト


 
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフトのパーツが入荷しました!

2017.03.18 Saturday

 

どうもです!タツオです。

 

今回はこちら!

P3130868.jpg

待ちに待ったフェザークラフトのパーツ類がようやく

入荷してまいりましたっ

 

ご予約いただいたお客様、お待たせいたしましたっ

 

 

P3130871.jpg

という訳でいつにもましての検品地獄でございます。

 

日本人の感覚からすると、割りと雑な梱包がされておりまして(汗)

品物の検品と同時に調整が必要な物があります。

 

 

 

P3130872.jpg

1部が終了した図

まだまだ先は長いです(汗)

 

 

P3130873.jpg

フレーム類やリブ、プレートもこれから仕分け作業の図、

でございます。

 

 

週明けには検品終わるかなあ(汗)

頑張りますです!はい。

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフトのシーアンカー、出てきました!

2017.11.08 Wednesday

 

どうもです!タツオです。

 

大分涼しく(寒く)なってまいりました今日この頃、天候状況さえ良ければ

シーカヤッキングには適した気温ですね!

 

そんな中、ごちゃごちゃな事務所内をごそごそと整理していました所、こんなん出てきました!

 

 

FC_seaanchor1.jpg

こちら、シーアンカーでございます。

 

存在は聞いた事があるけれど見たことない方、結構いるのではないでしょうか?

 

アンカーというだけに使いどころはカヤックが風や波によって流されるのを抑えたい時ですね。

 

例えば沈をしてしまった、もしくは仲間が沈をした時、風や波の影響を受けてこのままセルフレスキュー、

もしくはグループレスキューをしていると岩礁に寄せられて危険と予測できる場合であったり、

どうしても向かい風の中を漕がなくてはならない時、休憩したくともパドリングの手をとめると

戻されてしまうので休めない(汗)時..などなどいざという時の為にデッキバッグの中に備えておきたいアイテムです。

 

「長めの休憩をとりたいけど上陸するのが面倒だ」とかそんな時でも勿論問題ありませんよ(笑)

実際岩礁地帯を漕いでいる時は上陸ポイントが無かったりする場合も多々あると思います。

そんな時にも役立ちます。

 

 

P5190905.jpg

こちらはワタシの私物でございます。

 

フェザークラフト社製のシーアンカーはしっかりとした素材感で

いかにも質実剛健な作りとなっており安心感あります。

 

使用状況が割と厳しい状況が多くなりそうな道具ですのでこういった素材や

作りの安心感は個人的にはポイント高いです。

 

 

P5190906.jpg

傘部分の先にはフロート(ウキ)が付いています

 

傘部分が沈みすぎない適度な浮力です。

 

 

P5190911.jpg

本体収納袋の内側です。

 

写真の様にざっくりとしたナイロンテープがありまして

ココに紐をまとめておけます。

 

紐も結構な長さになるのでこういった配慮は何気に便利ですよー

 

 

 

FC_seaanchor2.jpg

使用イメージはこんなでございます。

 

水中で傘部分が開き抵抗となり、カヤックが流れる速度を抑えます。

 

実際にデッキにセットする場合、写真の様にバウの先端と直接繋げるのではなく、

コクピット近くの手の届く範囲に紐を繋げてからバウ先端にもっていった方が

アンカーの回収が楽になりますのでおススメです。

 

 

P5190905.jpg

最後に全体図をもう一度。

 

こういった転ばぬ先の杖的な役割の道具は使用イメージや自身が使う状況が想像しずらい

ものです。

 

自然というフィールドで行うシーカヤッキングにおいて

「不測の事態」に備えるに越したことはありません。

 

フェザークラフト社のシーアンカーを是非ともデッキバッグのお供に加えて下さい!

よろしくお願いします!


http://www.kayak-laidback.com/item/accessory/23.html

↑レイドバックHPアイテム紹介ページはこちら↑

 

通信販売のご案内

カヤック本体以外の商品は通信販売にてご購入いただけます!

通信販売に関するご案内は、下記のリンクからご覧いただけます。

「通信販売のご案内」のページはコチラをクリック!

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


出てきました!第2弾 フェザークラフトのパーソナル テザー

2017.11.15 Wednesday

 

どうもです!タツオです。

 

今回も出てきました!シリーズ第2弾でございます。

 

こちら!

FC_personaltether11.jpg

フェザークラフト社のパーソナル テザーでございます。

 

私物の写真を撮っておらず、ホームページのアイテム紹介写真のまんま

でございます(汗)

 

こちらアイテムの用途はカヤックと人を繋いでおくリーシュ(繋ぎ紐)です。

 

具体的なセット方法は下図にてご説明します。

 

 

FC_tether21.jpg

はい、こちらの図の通りなのですが...(笑)

 

付属している幅広いナイロンベルトをパドラー自身が身に着け

袋の外から伸びているナイロンテープと繋げます。

 

袋の中より必要分だけナイロンテープを出し、カヤックに繋げればOKです。

 

これで万一沈などした場合にカヤックを離してしまった際にもナイロンテープの全長分

しかカヤックと離れません。

 

休憩の為に上陸した際などには金属フックを外すだけですので煩わしさもありませんよ。

 

 

FC_personaltether11.jpg

用途は非常にシンプルなテザー、いざという時の為のアイテムな訳ですが

実際に体験してみないと非常に分かりずらい状況下でとても有効なアイテムですね。

 

シーカヤッキングにおいて沈をしてしまう状況下というのは、強風に煽られて

とか不意な波にバランスを崩す、とか色々と想定できると思います。

 

不幸にも沈をしてしまった際に必ず意識しなければいけない事柄は

「パドル、カヤックを決して離さない事」です。

 

強風下、手を離れたカヤックに泳いで追いつくのは非常に困難です。

そうなってしまったら非常にまずいのは容易に想像できますね。

 

実際に体験するはめにならないよう想像力を働かせてその備えをしたいものです。

 

🔶フェザークラフト社のパーソナル テザー

 

非常に有効ですよー

数は少量ですので気になった方はお早目にどうぞ!

よろしくお願いします!

 

http://www.kayak-laidback.com/item/accessory/23.html

↑レイドバックHPアイテム紹介ページはこちら↑

 

通信販売のご案内

カヤック本体以外の商品は通信販売にてご購入いただけます!

通信販売に関するご案内は、下記のリンクからご覧いただけます。

「通信販売のご案内」のページはコチラをクリック!

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています




MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode