SEATTLE SPORTS(シアトルスポーツ)のイケメンビルジスポンジ

2013.06.23 Sunday
 イベントネタをすっかりタツオくんに持ってかれ。。。

最近は道具の話ばかりのコマザキです(笑)


これも最近ブームのレスキュー関係のグッズとなるのかな。

ビルジスポンジの話です。


ビルジスポンジ、実は割と好きな道具です。

スポンジの代表的なな仕事としては、ビルジポンプで抜けきらない水を吸い取る、
なんてのがありますね。

転覆には至らずとも、乗艇の際にシューズがすくった水でコクピット内に知らず知らずのうちに水が溜まってはそれを抜く、時には体だって洗えちゃう。

その名脇役っぷりが好きです。
俳優で言えば笹野高史さんぐらいの名脇役なんじゃないかなって思ってます。


今回の名脇役はシアトルスポーツ製の「ビルジバディ」という名のスポンジ。
P1030902.jpg
サングラスなんかかけて、割とイケメン。。(笑)


P1030907.jpg
携帯電話と並べてみました。
他のスポンジ達の追従を許さない大きさは、その吸い取り量を知らしめますね。(笑)

ちなみにサイズは直径20cm×厚さ5cm!

かなり、大きめですっ。


P1030905.jpg
裏にはこのようにバックルが付いたストラップを使用。

バックルがある事で、カヤックの艤装にも取り付ける事ができますねーー。


布地がなんだか毛羽立っているようにも見えますが…
P1030904.jpg
近づいて見ると、このように速乾性に優れたマイクロファイバー地となっています。

アウトドア用品メーカーの中には、この布地でタオルなどを作っているメーカーもありますね。

水の吸い取りも良く、乾きも早い素材です。
柔らかい生地なので、キャンプの際などはテントなどの結露を拭き取るにも使えそうです。

また、布地の中にスポンジ本体がある為に、経年の劣化に対しても強くなっています。
つまり、むき出しのスポンジにありがちのボロボロと崩れていく劣化が無いんですね。

スポンジはどうせすぐにダメになる。。。そう思われがちですが、このように外皮を用いたスポンジはかなり長持ちしますのでおススメです。


手を入れてみましたーーっ。
P1030909.jpg
スポンジが大きすぎて。。。握れない、絞れない(汗)

でも、ご心配なく。

このスポンジの使い方ですが、写真の状態で水を吸わせます。
そして、カヤックのデッキなどに押し付けて水を絞り出すように使います。

なので、この裏側のストラップがあり、それがまた生きてくるんですね。
なかなか素晴らしい発想で、感心してます。


「バディ」の名を有したこのイケメンスポンジ。
ビルジポンプの仲間として携えてみてはいかがでしょうか。

特にフェザークラフト乗りの方。。。
コクピット前方リブの向こうに溜まった例の抜けづらい水を排出するのにとても活躍するので、スポンジの使用はかなりおススメです。(笑)

気になるバディのお値段は¥1575(税込)。
価格以上の仕事とその笑顔は納得の価格です。

あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/149



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode