小さな便利グッズ 交換用サイドリリースバックル

2013.08.20 Tuesday
暑い日が続きますねー。(汗)

コマザキです!

季節柄、まだまだ水辺や山へ出かけられる方も多いかと思いますが、そんな季節だからこそ、何気なく弊店で扱っているパーツ類の中で一部の方にとても人気があるモノをご紹介します。

それは。。。
 P1040142.jpg
コレっ。 交換用のサイドリリースバックル25mm幅。

バッグやザック等の袋物からPFD(ライフジャケット)まで、様々な物に使用されているバックルですので、きっと一度は目にされているのではないでしょうか。

しかしながら、それらの多くは縫い付けられたベルトにて留まっている為に、破損した際の交換が容易に済むものではありません。

そこで、クワガタ式とでも呼べばいいのかな、この交換用サイドリリースバックルが
活躍します。

P1040143.jpg
破損したバックルを概ね破壊という方法にて撤去した後、元のベルトへクワガタの
片アゴを掛け。。。

P1040144.jpg
アゴの中央の隙間からベルトのもう一方の端を滑り込ませれば。。。
完成ーーーーっ!(笑)

すごく、便利ですっ!
シンプルな方法ながら、考えた人はえらいっ!

ただ、ベルトが掛かる部分の中央部分が空いているので、強度を心配される方も
いらっしゃいます。

よほど強い力がかからない限りは使用に耐えうる。。。
と判断をさせていただいていますが、その「力がかかった時」が問題な訳ですから
お気持ちは充分にわかります。


で、そんなモヤモヤを解決してくれそうな物が。。。ありました。
P1040120.jpg
SEA TO SUMMIT(シー・トゥ・サミット) 「フィールドリペアバックル」。

同じく幅は25mmにて、一般的に多く使われているナイロンベルトの幅。


P1040121.jpg
パッケージから外すと、こんな感じですね。

これも先のクワガタ式交換用バックルと同じ用途で使用しますが、
クワガタ式と何が違うのか?


答えは。。。
P1040122.jpg
このステンレス製の+(プラス)ビス。

P1040123.jpg
ベルトを通す部分がステンレスシャフトとなっておりまして。

P1040124.jpg
プラスドライバーを用いてこのように外す事ができるんですねーー。

これならば、ベルトに掛かる部分の切れ込みも無くなるので安心ですね。(笑)


このバックル、同じくSEA TO SUMMIT(シー・トゥ・サミット)製の防水バッグの一部には採用されており、予め交換ができる事をうたっていたりします。

物は壊れる事もあるでしょ?だから交換できるようにしてありますよー!。。。という姿勢が好きです。(笑)


バックル一つの破損で気に入っていた道具の使い心地が悪くなる。
修理をしようにも、個人ではなんともし難い。

弊店も数々のカヤックの修理を承っておりますが、修理に出す以前に自分で修理が可能であれば、それに越した事はないようにも思ったりする訳ですけれども。

そう思えば、こういったアフターパーツの素晴らしさがよりご理解いただけるのではないでしょうか。


ちなみに、気になるお値段。。。

クワガタ式:エバニュー製 交換用サイドリリースバックル 税込125円/1個
SEA TO SUMMIT(シー・トゥ・サミット)製 フィールドリペアバックル 税込450円/1個


それなりの価格差があります。(笑)

しかしながら価格に囚われず、使用される物や部位によって使い分けても良いかもしれませんね。



あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。


東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト                       

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/162



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode