能登半島 下見旅 その2

2011.05.13 Friday
 能登の下見旅のつづきです。


http://life.kayak-laidback.com/?eid=18
(↑ 前回のお話「能登半島 下見旅 その1」はコチラ!)


能登半島東側の見附島まで来た我々

この辺りまでの海岸線は、道が海沿いを走る、
割と穏やかーな表情を見せていました。


能登半島のワイルドな表情を求めさらに北上します。

・・・が

東側から北西側へ出てみれば・・・あはは。。


この日、北西の強風

予想はしていましたが、道の途中のビューポイントから見てこの様子。


「椿展望台」からの眺望


「行けば、行った日、いつでも漕げるというものではない。」

はい、おっしゃるっ通りです。。。(笑)




能登の北側を漕ぎたく、出廷着岸ポイントを下見しながらのこの日

至った先がここ




「木ノ浦海中公園」

http://www.hot-ishikawa.jp/search-detail.php?id=900-sz000132
(↑ 木ノ浦海中公園の情報ページ)

海中公園との名、ダイビングのポイントのようですね。
そのおかげか、写真のように、車を停めて目の前から出艇可能。

キャンプこそできないようですが・・・

海、間近にて出艇着岸可能
駐車場有り
トイレ有り

能登半島最先端「禄剛崎(ろっこうざき)」へ漕ぎ出すにも良いポイントです。

能登はこの禄剛崎を境に、
北東および東側を「内浦」、北西および西側を「外浦」と呼ぶようです。

http://www.hot-ishikawa.jp/search-detail.php?id=900-sz000085
(↑ 禄剛崎はこんな所! 禄剛崎の情報ページ)



木ノ浦の湾内は静かなのですが、
湾を出たらあの風とブレイクしたうねり。


どーしよーかーーっ・・・ 


の3秒後にはきびすを返すように内浦へ


そして、相談をし




結局・・・




軍艦島。。(汗)  見附島ですねーー。

そう、キャンプ場の目の前です。(笑)





あーぁ(笑)

こんな時もありますね。

能登まで来たのに
日本海に来たのに

なーんて思いもありますが、それもまた旅。



あ、日本海と言えば

余談になりますが。。

太平洋側から来た者にとって、一つ驚くのが日本海の干満潮位差。
太平洋側に比べ少ないのですねー。


ちなみにこの日、潮は大潮。
太平洋側のある場所では干満潮位差は100cmを超えます。

が、日本海、この能登近海では・・・最大29cm!


それが故に

こういった京都の伊根の舟屋(写真奥の建物群)のような、
極めて水に近い建造も出来る訳です。


結局のところ、漕いだ時間も短くなってしまった能登の旅(汗)


今回の情報を元に、

「次回は海から能登を旅したい!」と決意も固まりました。

待っていろ能登半島!


って、能登半島は逃げませんね


はい、ぜひまた、伺わせていただきまーす!


************************************************************

石川県 八世の洞門のモニュメント



地震当時、崩落と共にトンネルは塞がれ、道が断たれてしまいました。

今はと言えば、立派な道がその面影を残さずに通っています。

でも、あの時を忘れずに、きちんと記憶に留め、
過ぎた事とせずに残しています。


能登でも東北への応援の言葉をたくさん目にしました。

こつこつと、できる事を今日も。

あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Comment

お久しぶりです!!
実はちょこちょこブログ見ているせ◯だです(笑)
能登半島、キャンプ場、公園共に芝生もきれいでそこにいて景色を見るだけで心地よさそうですね〜。
また一緒に漕ぎたいっす!!

Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/19



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode