ラダーを軽くしたい!のです その2

2014.01.26 Sunday

どうもです!タツオです。

さっそくですが前回からの続きをご紹介します。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=191
↑前回の記事はこちら!↑


P1192219.jpg
前回より、1本ずつネジを反対側から全てセットし直した状態です。

これでこちら側のラダーアングルのみを外せる状態になりました!

因みにこのままだとネジの取り付け方向が反対向きになる訳ですが。。
機能的に問題ありませんのでこのまま本締めに移ります。


P1192220.jpg
新しいラダーアングルをセットします。

ナット締め付けの際の注意点としましては、まずは手で締められる所まで
絞めます。その後、工具を使って絞め込みます。

いきなり工具を使うとネジ山がうまく噛み合っていない状態に
気づきにくく、そのまま締め付けてネジ山を壊してしまったりする可能性が
考えられます。


工具を扱うにあたって基本的な事ですが、基本は大事です。


P1192221.jpg
締め付け完了です!
ロック機能であるナイロン樹脂に到達するまでまでしっかり絞めます。

ラダーブレードを支える1番大きいネジ部分はある程度まで絞めたら、
ラダーがスムーズに動くか確認しながら締めていきます。

あ、勿論ナット側は押さえるだけ、ネジ側で締め付けました(笑)


P1192222.jpg
最後にドライバーの先端で指しているパーツを移植します。

ラダーワイヤーを繋ぐクリップです。


P1192224.jpg
画像を撮っていませんが(汗)こちらのパーツもロックナットで止まっています。
遊びを設けつつ、ロック機能が働くまで絞めます。

そして移植が終わったら。。


P1192226.jpg
完成ーー!

外に持ち出し撮影です!
ラダーブラケットを交換しただけですが、なんだか新品のラダーになった気分です(笑)


P1192227.jpg
ラダーアングルの肉抜きから空が見えるっ

かっちょよいですっ(笑)



。。。所でタイトルにある「ラダーを軽くしたい!」
まあ、見るからに軽量化はされてはいますが、実際どの位軽いのよ?

と疑問が出ましたので実際に測ってみましたー
P1192228.jpg
まずは2つ前のブラケット、量りの目盛はペアで約400gでしたー


P1192233.jpg
そしてこちらはレイドにあった1つ前のブラケット。
約300gですねー
この形に変更されて100gも軽くなっているんですねー! 


P1192229.jpg
そして、最新のブラケットの重量がこちら!
約225g!肉抜きの効果はかなり大きいようです!

今回のように2つ前のブラケットから比較するとその差は
約175g!

仮に自転車のパーツなどに例えると、1つのパーツ交換で重量がこんなにも
変わるのは事件です(笑)

まあ、実際はラダーの軽量化の効果が実感出来るかは疑問だったりしますが(汗)
でも!軽い事は良いことです(笑)


P1192231.jpg
フェザークラフトカヤックもこのようにパーツの一つ一つが見直され、
改良され、更に進化を続けているのですねー

今回はラダーブラケットにスポットを当てましたが、至る所にこのような
改良が施されて現在に至っています。

以前にも書きましたが、納品されてきたカヤックを検品していると
いきなり仕様変更がされていてビックリ、なんて結構あります(笑)

「より良いカヤックを作りたい」

そんな作り手の思いが感じられる、嬉しいビックリです(笑)


因みにラダーブラケット 税込価格¥6,800/1ペア、僅かですが在庫あります。

興味のある方はお気軽に!


あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト



 
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/192



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode