Feathercraft(フェザークラフト)納品&組立説明 Wisper(ウィスパー)編

2011.06.07 Tuesday
 Java(ジャヴァ)の組立説明に続いて、午後はWisper(ウィスパー)です。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=24
(↑ 納品&組立説明 Java(ジャヴァ)編 はコチラ)


雨は午後も止まず、相変わらずブルーシートは健在。

そして私もやはり正座(汗)


早速、オーナーさんと収納バッグを開き、確認を含めて船体布やフレームを広げていきます。






フォールディングカヤックは一見するとパーツが多く感じますねー。

しかしながら、大まかに前、中、後と三部の構成になっていて、意外とシンプルなのです。


では、早速、組立開始ーーーっ!

・・・の前に


予め、防錆防腐食オイルを各ジョイント部に施します。
特にフレームが重なっている隙間、ここに浸透させる事が大切です。


あらためて、組立開始っ!



早々にバウ(前部)フレームができましたーー。 早いっ(笑)


組立手順としては、前、中、後の前と後のフレームを組んで、船体布に入れ、中で前と後を繋ぐ・・・
口で説明すると、ちょっとややこしいですかね。




スターン(後部)フレームもできたので、船体布へ入れてます。





こちらは先ほどのバウ(前部)フレーム、これも入れます。


そして、これらが「中」のパーツ。
前と後のフレームを繋ぎ、カヤックに張りを与える為にテンションをかける重要な部分です。



と・・・今回はここまでで、テンションをかけるところから次回はじまります。


************************************************************

カヤックを列車に乗り換え、旅のつづき 三鉄(三陸鉄道)の車内にて


売店を兼ねた券売所で買った硬券きっぷ。


車掌さんに欲しいと告げたら、その券を渡さずとも見せるだけで降車できた。
よくある話だろうが、最近は少なくなった話のような気がする。

そんなところにも旅心を感じる、北東北の海岸を走る列車。

カヤックと共に、また乗りたい。


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Comment

僕のK-1、久々に押し入れから出しました。
僕も9年振りに組みますよ~!

組めなかったら電話しまーす(^-^)v

Comment

>とーるさん

K-1の組立、週末に行なったのかな?

結果、いかがでしたでしょうか
電話がないところをみると、うまくいったかな(笑)

Comment

リビングで組んでて、バウとスターンのフレームを入れ、キールバーにテンションかけてたら家族が帰宅(  ̄▽ ̄)
続きは今週、彩湖でやってみます!
自分で片したら、komaさんに9年前にメンテナンス後コンパクトにパッキングしてもらってたのにバックがパンパンのデカくなってしまいました(>_<)

Comment

>とーるさん

とーるくん、ハニー&ジュニアそれぞれのハッとする光景が目に浮かんでしまいましたー(笑)

天気が良い時の彩湖、気持ちいいですし、良いかもっ

行く時、こちらへもぜひ声かけてみてくださいね
都合うまく合えば一緒に組み立てましょー!!

Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/25



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode