フェザークラフトのシーアンカー、出てきました!

2017.11.08 Wednesday

 

どうもです!タツオです。

 

大分涼しく(寒く)なってまいりました今日この頃、天候状況さえ良ければ

シーカヤッキングには適した気温ですね!

 

そんな中、ごちゃごちゃな事務所内をごそごそと整理していました所、こんなん出てきました!

 

 

FC_seaanchor1.jpg

こちら、シーアンカーでございます。

 

存在は聞いた事があるけれど見たことない方、結構いるのではないでしょうか?

 

アンカーというだけに使いどころはカヤックが風や波によって流されるのを抑えたい時ですね。

 

例えば沈をしてしまった、もしくは仲間が沈をした時、風や波の影響を受けてこのままセルフレスキュー、

もしくはグループレスキューをしていると岩礁に寄せられて危険と予測できる場合であったり、

どうしても向かい風の中を漕がなくてはならない時、休憩したくともパドリングの手をとめると

戻されてしまうので休めない(汗)時..などなどいざという時の為にデッキバッグの中に備えておきたいアイテムです。

 

「長めの休憩をとりたいけど上陸するのが面倒だ」とかそんな時でも勿論問題ありませんよ(笑)

実際岩礁地帯を漕いでいる時は上陸ポイントが無かったりする場合も多々あると思います。

そんな時にも役立ちます。

 

 

P5190905.jpg

こちらはワタシの私物でございます。

 

フェザークラフト社製のシーアンカーはしっかりとした素材感で

いかにも質実剛健な作りとなっており安心感あります。

 

使用状況が割と厳しい状況が多くなりそうな道具ですのでこういった素材や

作りの安心感は個人的にはポイント高いです。

 

 

P5190906.jpg

傘部分の先にはフロート(ウキ)が付いています

 

傘部分が沈みすぎない適度な浮力です。

 

 

P5190911.jpg

本体収納袋の内側です。

 

写真の様にざっくりとしたナイロンテープがありまして

ココに紐をまとめておけます。

 

紐も結構な長さになるのでこういった配慮は何気に便利ですよー

 

 

 

FC_seaanchor2.jpg

使用イメージはこんなでございます。

 

水中で傘部分が開き抵抗となり、カヤックが流れる速度を抑えます。

 

実際にデッキにセットする場合、写真の様にバウの先端と直接繋げるのではなく、

コクピット近くの手の届く範囲に紐を繋げてからバウ先端にもっていった方が

アンカーの回収が楽になりますのでおススメです。

 

 

P5190905.jpg

最後に全体図をもう一度。

 

こういった転ばぬ先の杖的な役割の道具は使用イメージや自身が使う状況が想像しずらい

ものです。

 

自然というフィールドで行うシーカヤッキングにおいて

「不測の事態」に備えるに越したことはありません。

 

フェザークラフト社のシーアンカーを是非ともデッキバッグのお供に加えて下さい!

よろしくお願いします!


http://www.kayak-laidback.com/item/accessory/23.html

↑レイドバックHPアイテム紹介ページはこちら↑

 

通信販売のご案内

カヤック本体以外の商品は通信販売にてご購入いただけます!

通信販売に関するご案内は、下記のリンクからご覧いただけます。

「通信販売のご案内」のページはコチラをクリック!

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/342



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode