ウィスパー2艇のリペア  その3

2011.11.12 Saturday
1艇目のウィスパーさんの修理を終え、続いて2艇目です。


要修理箇所はここ
P1020170.jpg
バウフレームアッセンブリーのフレームを留める高密度ポリエチレンのプレートですが、デッキバーを留める基部に割れが生じました。


別写真で説明させていただくと・・

赤丸の部分ですねー。

割れてしまった場合、修正ができません。

と言うよりも、修正をしたとしてもその部位に必ず再び破損が生じ、
それが漕いでいる最中に起こる事を想えば、修正での対応はしません。


という訳で、高密度ポリエチレンプレートの交換が必要です・・・

が・・・数日後の旅の予定を前にしてのこの状況


なんとか・・・うーん  なん・・とか
P1020171.jpg
で、よしっ!って事で、こんな形にてその数日を持たせます。

両面からアルミプレートをステンレスビスで留めての補強っ。


横から見ると・・・
P1020172.jpg
こんな感じ。

補強後、元の穴へドライバーを差し込んで大きな力を加えても、傷が開く事は無し。
ずっとこのままではいけませんが、数日ならばサーフィンをしてももつでしょう。

ひとまずは、オーナーさんのお手元へ返送。


とは言うものの、早くバウプレートが届いて交換したいっ(汗)


なんて言っている矢先。。。




P1020190.jpg
カナダからの荷物が・・・

届きましたーーーーーーっ!! 



しめたっ!まだ間に合うぞ・・・と、ばかりに
P1020191.jpg
新しいバウプレートと工具を車に載せ、お客さん宅へ押しかけていまいましたっ。(汗)


で、ご自宅の前をお借りしての交換作業
P1020193.jpg
古いバウプレートからフレームを外して、新たなプレートを組み付ければOK!


P1020196.jpg
ヒビの入ったプレートに施した補強を外し、力を加えたら・・・

はい・・・バキッと折れました。折りました。(汗)



P1020198.jpg
チャイン、ガンネル、デッキとフレームを戻し組んで

完成ーーーーーっ!!  


あー、すっきりした。(笑)


ヒビの入ったバウプレート
キールフレームの助けもあり補強を入れた状態でも漕げたでしょう。

しかしながら、心配を携えてパドリングはしたくないものです。
させる側であってもいけませんね。


いやいや、本当に届いて間に合って良かった。



よかったぁぁぁぁぁ!!

(笑)


**************************************************************
小本橋の鮭


鮭が遡上する川が東北にはいくつもあります。


震災後、鮭の遡上が心配されていましたが、
鮭遡上のニュースを見て少し安心できました。

その数は正直わかりませんが、その事柄が明るい兆しとなる事を祈るばかりです。


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/51



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode