冬装備! Reed製のポギー その2

2011.12.14 Wednesday
 前回のReed(リード)のポギー

取り付け方がなかなかおもしろいので紹介させていただきますね。


http://life.kayak-laidback.com/?eid=62
(↑ 前回「冬装備! Reed製のポギー」の記事はコチラ)


P1020517_b.jpg
まずは、取り付けた状態はこんな感じです。

現在市販されている多くのポギーはパドルシャフトを通す穴周辺にマジックテープなどが施され、ポギーを巻きつけてはそのマジックテープで留める仕組みです。

しかし、このポギー、使用しない際にパドルにまとめ留めるバックルは付いていますが、その他マジックテープやらボタンやらの装備はありません。


おもむろにポギーに穴が空いていて。。。「この穴にシャフトを通すよーに!」



なんて乱暴な話ももちろんありません。(笑)




どんな仕組みかと言いますと…

広げてみましょうねー
P1020504_b.jpg
広げて横から見るとこのようになってます。


では、早速パドルに装着!
P1020511_b.jpg
解りやすよう向きを変えましたー。
ポギーを広げた状態にて、切れ込みの部分にパドルシャフトを置きます。


P1020512_b.jpg
続いて、手の入り口部分を、反対側の筒へ通し入れまして…


P1020514_b.jpg
最後まで抜ききります。
この状態で、既にパドルシャフトにポギーが巻かれているのがお分かりでしょうか。

ちなみにこの状態はポギーを「下から見た状態」になっていますね。


P1020515_b.jpg
下から見た状態でしたので。。。クルリと回してくれば、完成ーーーーっ!

簡単ですねーー。(笑)


パドルシャフトにこのように巻いて通すだけのシンプルなこの方法。

とても画期的だとも感じますが、実は以前からある方法のようです。


カヤックを始めた頃に読んだ本

古くなったウエットスーツの腕や足の部分を切ってはパドルシャフトに巻きつける部分の切れ込みを入れて、このポギーと同じ方法にてポギーを作る様が載っていました。


あの頃、その方法にいたく感心をしたのを懐かしく思い出したリードのポギーでした。


昔ながらのシンプルな方法とハイテク素材の融合、お気に入りになりそうです。(笑)



えっと、ホームページにも記載させてもらいました。
興味ある方はよろしければどぞ。

http://www.kayak-laidback.com/item/wear/24.html
(↑ レイドバック ウェアのページ 下のほうにあります。)


**************************************************************
雪残る岩手山


東北からの雪の知らせ。

被災地は仮設住宅は…

様々な心配もあるけれど


うん、よしっ、そろそろ板にワックスをかけましょう!!


あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Comment

いま日本です。2、3ヶ月はこっちいます。
カヤックで遊びましょう。

Comment

>ヒロカワさん

ん?  

今…日本!
おかえりなさーーい!

2〜3ヶ月こちらに滞在ね(笑)

よーし、イエローウィスパーさんも誘って遊びましょう(笑)
あ、カナダの話も聞かせてくださいねーー!

Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/63



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode