道具の話 −デッキバッグ 番外編−

2011.02.18 Friday
 デッキバッグにまつわる話が続きますが・・・

「番外編」  

言い方悪いかもしれませんが、小ネタをひとつ。(笑)




Feathercraft(フェザークラフト)の「LTデッキバッグ」ですが、
こんな「輪っか」が付属品として、付いてきます。



紐の長さは約25cm、太さは3mmかな、ナイロン製の細引きですね、
それで作った「輪っか」

写真は1つを手にしていますが、これが4つ付いてきます。



この「輪っか」、何かといいますと。。。


1.このように、デッキライン(艤装としてデッキ外辺に張られたロープ)に乗せ・・・



2.片方を半円状の紐を、対の半円状の紐の下に・・・



3.くぐらせて・・・



4.上に抜くっ



5. 1〜4を、もう一度。内へ巻き入れ、上に抜くっ。



6.抜いた元の半円状の紐を引き絞ると、こんな形になるっ! はずです(笑)



・・・という、使い道の「輪っか」なんですね。



じゃあ、何に役立つのさ?というと



こんな風に、「フックなどを掛けたい場所に掛けるべき施しが無くてもかけられる」
為のものなんですねーー

なかなか良い仕事をする「輪っか」なのですっ!(笑)


通常、Fethercraft(フェザークラフト)製カヤックのデッキには、
「フックなどを掛けたい場所に掛けるべき施し」があります。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=4
(↑デッキバグの記事です。艤装のプラスティックDリングに掛けてます。)


しかし、全てのカヤックに「フックなどを掛けたい場所に掛けるべき施し」
つまり、「アイ」があるとも限りません。


そんな事も考慮しての、おまけの「輪っか」でしたーー。




ちなみにこの結び方「プルージック結び」といいまして、
登山などの世界ではメジャーなロープワークの一種。

「輪っか」を作る際、一本のロープを輪になるよう結ぶ為、結び目ができます。

実際の「プルージック結び」では、輪にした際の結び目の位置なども考慮し、
形を作り結ぶのですが・・・

「デッキ艤装に於いては大きな力がかからないであろう」事から、
結び目の位置を、あえて邪魔にならない外側、へ持ってきています。


この手法、フックを掛けるだけでなく、バンジー(伸縮)コードを張る際にも使えます。



「フックなどを掛けたい場所に・・・」しつこいですね(汗)



あらためまして・・・

フックやロープを施したいけれど、「アイ」が無い時、
細引き4本でできるこの小ネタ

よろしければお試しくださいねー。

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


Submit Comment


Trackback URL:

http://life.kayak-laidback.com/trackback/8



MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode