これでホントに終了!アルフェック、アリュートのメンテナンス。

2020.03.19 Thursday

 

どうもです!タツオです。

 

今回もアルフェック、アリュートのメンテの様子のご紹介です。

 

時間が空いたのは、前回のブログまでで

アリュートのメンテナンスの紹介は終わりにしようと思っておったのです。

 

ですが、今回の傷補修箇所は少々厄介な箇所でしたので

参考までにご紹介させていただこうと思いましたです。

 

 

DSCF2771.jpg

補修箇所はこちら。

 

...まあ、作業は進んでおりますが穴あきの補修です。

傷が複数あり、穴が貫通している箇所もあったのでアクアシールのみの箇所と

パッチを張り付ける箇所とがあります。

 

そしてこの傷の場所、裏はエアスポンソンがあります。

作業するのがちょっと厄介な場所ですね。

 

穴が今回のように貫通している場合は養生せずに表側から作業を進めるのは

勇気がいります。

理由は単純でして..エアスポンソンにアクアシールがついてちゃったらまあ大変!

二度とスポンソンが抜けなくなります。

 

 

DSCF2772.jpg

そんな大変な事にならない様、補修作業前の準備としてエアスポンソンを予め抜いておきます。

 

...当然でしたね(笑)

エアスポンソンを抜く→補修箇所の裏に当てをする。で準備が整います。

 

そして上の写真はパッチをローラーにて圧着している所です。

ローラーに巻いてあるのは養生テープです。

こうする事によって接着剤等が付着した際に養生テープを張り替えるだけで済みます。

接着剤はこびりつくと厄介ですので地味に便利ですよ。

 

 

DSCF2773.jpg

パッチが落ち着くまで更に表面からも当てをしてクランプしておきます。

 

これにてアルフェックのメンテナンスのご紹介はホントに終了でございます!

厄介な箇所でもしっかりと事前準備をして、

作業内容をシミュレーションしつつ、落ち着いて作業すればきっと大丈夫!なハズ(笑)

 

ぜひとも挑戦してみて下さいね!

 

作業内容が参考になれば幸いです。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています




MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode