フットトラック増設Java(ジャヴァ) やっと届きましたっ!

2012.09.14 Friday
発想のあの日から季節は盛夏を過ぎ、よもや9月。。。
Tさんをお待たせしていたジャヴァが届きましたーーーっ!


通常とはちょっと違うダブルフットトラックのジャヴァ。

発想の経緯などは下記の記事をご覧ください。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=98
(↑ 「フェザークラフト Java(ジャヴァ) 改造計画」の記事はコチラ)


 P1030258.jpg
Tさんご夫妻に彩湖まで足を運んでいただいての組立説明。

以前はK2 エクスペディションのオーナーだったTさんの口からは・・・

「組立が楽だなぁ(笑)」と、好評を得ました。(笑)


P1030262.jpg
そして、速やかにジャヴァは形を表し、話は核心へ。

バウ(前部)からスターン(後部)へ向けて撮っています。
フットトラックがわかるように、あえてシートは取り付けていません。

スタンダードフットペダルが2セット装着されていますねーーー///


そして、今度はスターン(後部)からの眺めっ。
フットペダルが2セット、つまり、フットペダルを取り付ける為のフットトラックも2セット取り付けられております!

ちなみに黄色矢印がオリジナル位置のフットトラック、赤矢印が増設された2セット目のフットトラックになります。


写真の状態はラダーワイヤーをスターン(後部)側のフットペダルに繋いだ状態。

この状態で、シートを二つ付けてタンデム仕様にした際に後部席に座った人がラダーコントロールをできる仕組みとなります。


ここで、一つ問題が。。。
このジャヴァというカヤック、オリジナルはシングル。。。一人乗りのカヤックです。

一人で漕ぐ場合にラダーコントロールを行うには、黄色矢印のフットトラックにフットペダルを装着し行わなければなりません。


もちろん、ラダーワイヤーも黄色矢印のフットトラックまで届かなければならない訳ですが・・・このまんまじゃ短いじゃんっ(汗)



と、思ったら。。。
P1030263.jpg
こんなのが一緒に入ってました。

説明書も無く、ジップロックの中にこのワイヤーが2本。


ニヤリ///

そういう事か。。。やるじゃないかダグ(フェザークラフト社長)


ラダーワイヤーが短くなった分はこれを連結して補うようにって事ですな。(笑)



P1030265.jpg
フットブレイスの位置を調整するアジャスターテープを先ほどのワイヤーに付け替えて、カラビナフックは元のラダーワイヤーの末端に繋げばOKっ!


フットトラック増設に伴い、ラダーワイヤーを「短いもの」と「長いもの」の2セットをただ付属する事無く、こういうシステムも考えてくれるフェザークラフト社そしてダグ・シンプソン社長。

とても素晴らしいカヤック職人だと感じてしまいます。


今度は使い心地をTさんにうかがってみたいと思います。


あと、アフターマーケットのパーツとしての販売も気になりますねー。
今度フェザークラフト社に聞いてみよ。


しかしながら、Tさんにおかれましてはお待たせをしてスミマセンです。(汗)

無事の納品に一安心のコマザキでした。




あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


カフナ納品&組立説明 in 三浦・諸磯 その1

2012.11.29 Thursday

先の連休の一日、納品&組立説明を兼ねて三浦半島は諸磯に行ってきましたーー。


諸磯へ向かう間は雨が降ってもいましたが…
P1030539.jpg
到着後ほどなくして、その雨もあがり陽も差してきました。

予報では北よりの風も強めとの事もあり、南側の風裏を狙って諸磯に来ましたが。。。
どうも予報が良いほうへはずれたようです。

平穏な海を見てホッと胸を撫で下ろしました。(笑)


P1030531.jpg
この日の納品はIさんのカフナ。

「海の色、空の色」をイメージされ、カラーはブルー。
海の色のブルー、海と同化しそうですが実際は海の上でとても映えて綺麗なんですねーーー。


諸磯青少年センターの駐車場の一角をお借りしての組立説明。

センターを管理するお母さんに…
「あらっ! 久しぶりじゃなーい(笑)」なんて笑顔で声をかけられてはしばしの世間話。

そうやって覚えていてくれ、僕らカヤック乗りをいつも温かく迎えてくれるお母さんに感謝です。


P1030533.jpg
キールのテンションをかけているところですねー。

Iさん、8月にウィスパーXPSを納品させていただいたKさんのパートナーさんでして、
実はすぐ横でKさんもウィスパーXPSを準備されています。(笑)

http://life.kayak-laidback.com/?eid=101
(↑ Kさんへの納品「ウィスパーXPS 納品&組み立て説明」記事はコチラ)



P1030537.jpg
組立説明に並行してレイドカフナも組み立てます。

Iさんのブルーカフナ、デッキに黒いラインがありますが「デッキストリップ」という船体布の補強を施しています。
ですので、レイドカフナとほぼ同じ仕様となっています。


P1030546.jpg
理解が早いIさん、スムースに組立は進み…

P1030551.jpg
お昼のサイレンを聞く頃に…完成ーーーーっ!

うんっ、美しいっ(笑)

毎度思いますが、その人が選ぶカヤックの色って不思議とその人に似合う気がします。
なんでしょう。。。惹きあうのかもしれませんね。(笑)

…っと、Kさんはと言うと。。。

準備を早々に終え、なんと浜で野菜&お肉たっぷりの鍋ラーメンを作ってくれてしましたっ。


これが…また… 美味しいぃぃぃっ!
「うまーーーーーーいっ!」と海に向かって叫んでしまうほど美味しっ!

Kさん、Iさん、ごちそうさまでしたーーっ。


そんな美味しい鍋ラーメンでお腹も満たされ、体も暖まったので…
午後は海に漕ぎだします!

お腹が膨らんで。。PFDがややきついかも(笑)



あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


カフナ納品&組立説明 in 三浦・諸磯 その2

2012.12.02 Sunday

美味しいお昼ご飯を頂いた後は…
初組み立てを終えたIさんのブルーカフナと共に海へ繰り出します。

前回の記事は下記をどうぞ。

http://life.kayak-laidback.com/?eid=114
(↑ 前回「カフナ納品&組立説明 in 三浦・諸磯 その1」はコチラ)


P1030554.jpg
初漕ぎという事もあり、進水の儀を厳かに執り行います。

というと、非常に厳粛な儀式に聞こえますが。。。進水式風の「形」ですね。(笑)

しかしながら、この「形」も重要で無事の航海を祈る気持ちがそこに表れます。
その気持ちをあらためて確認するのも、大切な事かも知れない、そんな事を思います。


P1030553.jpg
そんな厳か?な儀式も終え、スタッフK2Rのお祝いバンザイジャンプも加わり、いざ斜陽の海へ!


P1030557_2.jpg
数度、レイドのカフナには乗られた事があるIさん。
こちらが何も心配する事も無く、ブルーカフナは海面をスルスルと滑るように進んでいきます。


どれくらい心配無いかと言えば…
P1030562_2.jpg
レイドスタッフは通りがかった諸磯ロックガーデンの…

P1030572_2.jpg
ホワイトウォーターを見つけては遊んでしまうくらい。(汗)

ま、それくらい、Iさんのしっかりしたパドリングをされていたという事。。。ですね。


この時期は1年の間でも昼間の時間が短い季節。
P1030559_2.jpg
傾いた陽はどんどんその色を変えていきます。


時間で言えば16時半の頃でしょうか。
夏にはまだ太陽が高い場所にあった時間ですが、この時期は既に夕刻の太陽。

P1030568.jpg
海面に映る茜色が綺麗です。
Kさん&ウィスパーXPS、いい雰囲気でしたっ。


P1030566_2.jpg
更に傾いた太陽は、カヤックもその茜色で染めていきます。

三浦半島西岸、空気も澄んでくるこの時期の美しい風景ですねーー。


P1030576_2.jpg
夕焼けのショーを満喫し、戻る頃には月が空で光っていました。


見慣れた月もカヤックから見れば、いつもよりも更に綺麗に見えるような。

カヤックに乗っていればこそ、実は全ての風景がカヤックの上からでしか見られない風景だからかもしれませんね。


Iさん、Kさん、三浦での1日、ありがとうございましたーーーっ。


あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト納品&組み立て説明 Java編 Happy paddling!の巻

2013.06.12 Wednesday
 

こんにちは!タツオです!

今回はフェザークラフトのエアラインシリーズ

Javaの納品と組み立て説明の様子をご紹介します!

ではいってみましょー!


P6011037.jpg
といっても今回組み立て説明を担当させて頂いたのはコマザキです!

私は撮影のみです(汗)


P6011042.jpg
一通りパーツの説明を終えて。。
組み立て作業に入るその前の大事な作業がボーシールドT-9によるオイルアップですねー

フレームの接合部に塗り広げることによって保護膜を作り、塩害による錆、フレームの固着を抑えます。

最初が肝心です!


P6011051.jpg
オイルアップを終えて、オーナー様による組み立て開始です!


P6011056.jpg
作業のコツを説明しながら。。

フレームのセット、完了(笑)早いですねー

フレーム一本一本は長いのですが、シットオントップという構造上、作業性は良いですよ!



P6011061.jpg
フレームをセットしたらいよいよエアラインシリーズの醍醐味!

空気入れです(笑)
オーナー様と共にコマザキもお手伝いです。。私?さ、撮影班です(汗)

4本のエアチューブを膨らますのは付属品のダブルアクションポンプ!
レイドでも活躍してますよー(笑)


P6011068.jpg
4本のエアチューブの張りを確認しつつ。。

綺麗な形になりましたね!

ここまでは慣れれば10分位で出来ると思いますよー

ん?スターンデッキになにやら書いてある?


P6011077.jpg
そしてデッキ上の装備の取り付けです。

シートやサイブレイス、ギア収納用のネット、フットペダルを取り付けていきます。。


P6011095.jpg
コクピット周りです

ナイロンテープとバックルが沢山ありますねー(汗)

取り付け位置を覚えるまでは意外と戸惑うかもしれませんねー


P6011088.jpg
そして。。完成ー!美しい!

エアラインシリーズ、いいですねー!
自由を感じます。

なんてったって漕ぎ疲れたらデッキの上に寝転がれるんですから(笑)
こんな事を思うのは私だけかな(汗)


P6011071.jpg
エアチューブだけでは決して作れないシャープなバウ(船首)形状

3本のフレームがあってこその形状です!
美しいですね!


P6011046.jpg
先の画像でも触れましたが。。
スターンデッキには表題にもさせて頂いた''Happy paddling''の文字!!

フェザークラフト社社長であるダグラス シンプソン氏からのメッセージですね!

オーナーであるN様の希望により書いて頂きましたー
その控えめな文字からはシャイなダグさんの人柄がみてとれますね(笑)


Nさん! Happy paddling!

Javaと共に素敵な時間を沢山過ごしていただければ幸いです!


どうもありがとうございました。



あの海を漕ぎたい。

あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト納品&組み立て説明 Wisper編 

2013.06.16 Sunday

こんにちは!タツオです!

関東地方も本格的に梅雨らしい空模様になってきましたねー
ジメジメから解放されたく、エアコンを付けるか迷う日々です(汗)

そこで!気持ちだけでもジメジメから解放すべく、まだ空梅雨の頃のウィスパーの納品&組み立て説明の様子をご紹介します!(汗)

アップが遅くなりすみませんっ


P6021153.jpg
空は気持ち良く晴れ渡り。。(笑)

電車の規則的な通行音が心地良く響きます。。

実際、気持ち良い天気でしたー


P6021108.jpg
そんな気持ち良い天気の中、ご説明させて頂くのはコマザキ、撮影、私で進行しております(笑)

オーナー様と一緒に箱を開け、パーツの確認と説明をして行きます。


P6021111.jpg
ボーシールドT-9によるオイルアップを終えて(画像は無いですが。。) 

バウセクション完成!

フレームの段階でもシュッとしてますねー て当たり前なのですが(笑)



P6021112.jpg
フォールディングカヤックをお持ちのHさん、組み立て作業に慣れてらっしゃいます!

ちゃきちゃきと組み立てが進んで行きます!



P6021123.jpg
組み立てのコツをお伝えしつつ、センターのテンション掛けですねー

ホント早いですね(笑)


P6021125.jpg
お二人が組み立て作業に勤しんでいる中、私は。。

通り過ぎる電車の音に耳を澄まし。。ガタンゴトンと聞こえる度にダッシュしてました(汗)


P6021133.jpg
あ。。間に合わなかった(泣)でも雲の感じがきれいだなっと(汗)


P6021148.jpg
そうこうしている間に(汗)ウィスパー、完成ーー!

カーボンカラーと相まって更にシュッとしているように見えますねー!

か、カッコイイっ


P6021136.jpg
そしてもう一つシュッとして見える要因がこちら!

ラージコクピット仕様なんですねー!

ウィスパーの全幅とあまり変わりませんねー(笑)居住性も上がると思います。


P6021152.jpg
後ろから、バウ、スターン共にデッキのセンターエッジがビシッと立ってますねー!

カーボン。。いいな(笑)


カヤックの納品時、組み上がったカヤックを眺めつつ私がいつもひっそりと行っている事は。。

「エアー旅」(笑)
勝手にオーナー様のカヤックと共に旅に出ております(汗)

思わずそんな想像をしてしまう程、オーナー様とカヤックがお似合いなんですよね(笑)


Hさん、良い旅を!そして旅のお話を聞かせて下さいね!

どうもありがとうございました!




 あの海を漕ぎたい。
あの人に会いたい。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト納品&組み立て説明 Wisper XPS編 in 群馬 

2013.08.08 Thursday
 7月の末、夏の関越自動車道を北へ走り群馬県へ行ってきましたー。


関越自動車道は冬によく走る馴染みある高速道路。
鶴舞う形の群馬県もまた、冬ともなれば雪の上に遊びに行く馴染みある場所です。

さて、群馬に訪れた目的はTさんへのフェザークラフトカヤック納品&組立説明。

レイドから、のんびり走って2時間とかからずに目的地へ。


P1040108.jpg
緑が綺麗な公園での組立説明です。

…が、既に他社のフォールディングカヤックをお持ちのTさん、
ほぼ口頭のみでの説明にてテキパキと組立を進められてますっ。

私、コマザキはと言えば、手を出す事も少なく談笑を交えてのゆるりとした時間を過ごさせていただく有り様でしたー。


P1040110.jpg
初回の組立においてお薦めするのが、フレーム接合部やスライド部分へのボーシールドT9の塗布。
これによって、フレームの寿命は確実に延びます。


ボーシールドT9は、フェザークラフトカヤックのリペアキットにも付属する防水・防錆・防腐剤ですが。。。金属に「防腐」と言うのも不思議な話に聞こえますね。

アルミフレームがダメージを受ける場合の多くが、錆びではなく実は腐食。

それを防ぐ事ができるのが、このボーシールドT9の特徴なんですね。
表面に塗膜を作り、アルミフレームを水や塩から守ります。

アルミフレームのカヤックを使用されている全ての方にお薦めできるケミカルです。


P1040109.jpg
組立は着々と進み。。。

P1040111.jpg
スキンの中へフレームが入れば、カヤックが形を成していきます。

P1040112.jpg
ブルーのスキンが夏の緑に映えますね。


P1040113.jpg
そして、キールから順に伸ばしていったセンター部分のテンションもガンネルを残すのみとなりました。


写真ではわかりづらいですが、カヤックを90度起こしてサイド部分はガンネルのテンションをかけています。

カヤックを平置きにした状態でも構いませんが、時にはこのように90度起こしてみたりと、
作業のしやすい方法を積極的に探して行く事で組立易くなる場合もあるのですねーー。

組立説明においては、付属の組立説明書や組立DVDには載っていない「コツ」を伝えさせていただいています。


P1040114.jpg
ほどなくして、外装の仕上げに取り掛かるTさん。

ブルーのデッキに黒いデッキストリップが全体をビシッと引き締めていますね。

P1040117.jpg
ブラック仕様のLTデッキバッグも取り付けて。。。


P1040116.jpg
そして。。。ウィスパーXPS完成ーーーーっ!

かっけーーーーっ!(笑)


ちなみに、組立中に興味を持たれて話しかけてこられた方2名。

うち1名の公園の整備作業をされていたお兄さんは、仕事中にいてもたってもいられなくなった様子にて手が空いた隙に走って見に来ては、また走って作業に戻っていきました。(笑)


ここでも、カヤックが繋いだ見知らぬ人との笑顔の出会いがありました。


Tさん、夏の1日お時間をいただきまして、ありがとうございました。
ウィスパーXPSで良い旅の中、良い風景、良い出会いを楽しんでくださいねーー。

あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト


にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト納品&組み立て説明 Wisper XPS in名古屋?編

2013.08.12 Monday
 
どうもです!タツオです。

今回は名古屋にお住まいのAさんへ、
Wisper XPSの納品&組み立て説明を行った様子をご紹介します!


P1040225.jpg
早朝、カーナビを頼りに待ち合わせ場所に到着しました。

う〜ん、ここはドコだろう?(笑)
私、今現在何県にいるのかイマイチ解っていません(汗)


P8041495.jpg
待ち合わせしたのはこちらっ

木曽川と長良川が平行して流れている場所にある長良川サービスセンターです。
タイトルでin名古屋と書きましたが。。名古屋ではありませんね(笑)岐阜県です。

道中三重県と岐阜県を行ったり来たりしながら走ってきたので
到着した場所がココドコナノ?状態でした(汗)


P1040231.jpg
そしてAさんと無事合流(笑)して、早速組み立て説明です。

小さい木陰の下に隠れつつ組み立て作業開始です。


P1040234.jpg
ひとつひとつパーツを確認しながら作業を進めて行きます。


P1040235.jpg


P8041497.jpg
バウに続いてスターンセクションの組み立てが進んでいますねー

P1040237.jpg
バウ、スターンセクションが船体に収まり。。


P8041498.jpg
センターのセクションでテンションをかけます。

このセクションがコツを要するポイントが多い所ですねー
そのコツをこっそり伝授させていただいてます(笑)

P1040240.jpg
センターのセクションの組み立てが終わり、カヤックの形になりましたねー

この後もコクピット周りのリブの取り付け、ラダーケーブルの取り回し、
シートの取り付け、外装の仕上げなど作業が進み。。


P1040244.jpg
太陽の移動に合わせて移動する木陰の下に避難をしつつ(汗)

Wisper XPS完成!

う〜〜んカッコイイ!(笑)

P1040242.jpg
私が想う夏の空の色
美しい。。けれど暑い(笑)夏なので当たり前ですね(汗)

Aさん、そんな暑い中お時間をいただきありがとうございました!

また旅のお話など聞かせて下さいね!



あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト納品&組立説明 Wisper in 西東京

2013.12.11 Wednesday
 
こんにちは!タツオです。

天気予報は毎日チエックしているはずなのに、雨予報が出ている時に限って
傘を忘れる私(涙)

今年もあと僅かだというのに、無事乗り切れるか心配です(笑)



そんな間抜けな話とは全然関係ありませんが(汗)今回は気持ち良く晴れた1日に
行ったWisperの納品&組立説明の様子をご覧下さい!
PC072119.jpg
場所は武蔵国分寺公園。


紅葉がとても綺麗です。

PC072121.jpg
オーナーであるHさん、Wisper(ウィスパー)と初のご対面です!

ボーシールドT-9によるフレームの処理は既に終えています。


PC072123.jpg
今回組立説明を担当させていただくのはコマザキです。

組立は説明書にそって進行していきますが、
解りにくい所もあります(汗)

そういった所をちょっとしたコツと共に説明させていただいています。


PC072130.jpg
組立前の下準備、といいますか、船体布にスムーズにフレームを挿入する為に
邪魔になりそうなバンジーコードを外し、バウラインやデッキをぐるりと
一周しているプリメーターラインを緩めます。


PC072131.jpg
スッキリしました(笑)

こういった一手間が作業をストレス無く進める為には大切です!


PC072135.jpg
船体布の準備が済んだらフレームの組立作業です。


PC072149.jpg
大分進んで(笑)センターのセクションのテンション掛けです。
2本のデッキバーを使い、テコの原理を利用してテンションをかけていきます。

作業しているお二人、大分薄着になりました(笑)
この日は日差しがぽかぽかしていて師走とは思えない、暖かい1日でしたー


PC072152.jpg
クロスリブの組み付けです。

既にフォールディングカヤックをお持ちのHさん、ハイペースで
組立が進んで行きます(笑)


PC072159.jpg
コクピットまわりの組み付けも終了!

その後、ハッチリムやスケッグなどを取り付け。。


PC072163.jpg
エアスポンソンにエアーを入れて船体のテンションを出せば。。

完成ーー!

グリーンWisper(ウィスパー)、素敵です!


フェザークラフトのオーナーになる際、誰しもが悩むであろうデッキカラー
その気持ち、わかります(笑)

だって、どれもカッコイイんだもの(汗)
そこで散々悩むのもオーナー様の楽しい時間ですね!


納品翌日に初漕ぎに出掛けられるとおっしゃってましたが、いかがでしたかー?
また色々旅のお話聞かせて下さいね!

どうもありがとうございましたー!

P1040677_3.jpg
納品を終えて園内を少しばかり散策。
夕闇が降りてくる中で落ち葉のモザイク模様に出会えました。

あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト




 
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト納品&組立説明 Kahuna(カフナ) in 冬の彩湖

2014.02.21 Friday
久しぶりに更新のコマザキです!

南岸低気圧による降雪の影響、大変な事になってしまっていますね。
未だに積雪の為に孤立している地域もあるようですし。(汗)

雪の当日、私めも群馬は水上から一晩かけて帰ってまいりました。
ニュースを見れば、一夜がかりでも家に帰りつけた事は幸運だったと思うばかりです。

そうそう、日帰り予定でも1〜2食分の食べ物は携えたほうが良いですね。
腹が減ってはなんとやら。。空腹は体力と気力を削ぎますもんねーー。


さて、本題です。(笑)

1990年代のK-1のオーナーであるKさん。
試乗会にご参加いただいた後。。。カフナをオーダーいただきました。

IMG_0072.jpg
2月某日、カフナが到着し。。。正に取り出す瞬間です。(笑)

IMG_0073.jpg
既にフェザークラフトカヤックのオーナーであるKさんですので、構造や組み立て手順などに関しても手慣れたもの。

口頭説明をさせていただいているそばから、同時通訳ほどのスピードで組み立ても進行しましたー。(笑)

1990年代のK1は、キール、チャイン、ガンネルなどのフレームが一体式ではなかった為、カフナのフレーム構造に「組み立て易さ」を感じられたご様子です。

IMG_0076.jpg
初めての組み立てとは思えない早さっ!

説明を交えてカヤックの話題で談笑しているうちに既に形になっていますねーー。

IMG_0078.jpg
彩湖と言えど、この日は底冷えもするくらいの気温。。
彩湖ネコも地面へ直接座るのが嫌だったのかもしれません。(笑)

ネコをかまっている向こうでは…組み立て最終段階。。。
スポンソンエアチューブに空気を入れるKさんです。
 
IMG_0080.jpg
そして。。レッドカフナ…完成ーーーーっ!(笑)

K1もレッド、そして今回のカフナもレッド。
うんっ! レッドはフェザークラフトカヤックらしいカッコ良さがありますねー!

ちなみに、左に置いてある黄色い防水バッグ。。付属のリペアキットです。
フェザークラフト社の溶着技術で作られた、しっかりとした防水バッグに入ってます。

そして、今回のKさんカフナには見かけない艤装が付いています。
IMG_0081.jpg
コチラ。。エアラインシリーズはJava(ジャヴァ)のデッキネットを流用です。

元々は、フェザークラフトスペシャリティショップ仲間であるCetus(セタス)はカサハラさんのアイデア。
Kさんのご希望により、追加装備としてレイドバックでご用意させていただきました。

各フェザークラフトスペシャリティショップのオーナーさん、一見すると癖がありそうに見えますがフェザークラフトを愛する素敵な人達ばかりです。(笑)

そして、旅を楽しみ、その旅を豊かにする様々なアイデアを持っていてほんとに素晴らしいと思うばかりです。

仲間褒めは気持ち悪いかもしれませんが(笑)。。。

その素晴らしさはフェザークラフトオーナー皆様へ還元されるであろうと思う訳で、そう考えるとコマザキは嬉しいのです。


…っと、話がそれてしまいましたが。。

IMG_0082.jpg
組み立て後の収納もピシッと決めて。。バックパックモードのカフナです。

Kさん、この姿でお帰りは電車へ乗車。
駅構内へ足も軽く進まれていきましたーーーっ。

Kさん、組み立て&納品のお時間をいただき、ありがとうございました。

今度はぜひ海で再会しましょーーっ(笑)


あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト
 
にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています


フェザークラフト カレント2.0納品&組立説明in彩湖

2014.03.16 Sunday
 
どうもです!タツオです。

今回は先日春の兆しが見え始めた彩湖にて執り行いました、
カレント2.0の納品&組立の様子をご覧下さい。


カレント2.0です!
P3092295.jpg
収納バッグはロールダウン式の物が付属します。
因みにバッグに付いているデッキ素材は選んだ船体の色と一緒です。


P3092298.jpg
オーナー様であるOさん、
パーツの確認作業を終えて、組立開始です。


P3092300.jpg
既に他のフォールディングカヤックをお持ちという事もあり
少々のコツをお伝えするだけでスムーズに組立は進行していくのでありました(笑)


P3092303.jpg
組立の紹介ブログでは必ずといっていいほどに登場する
キール部のテンション掛け、今回もやはりご紹介します(笑)

決して難しい作業ではないのですが、少々のコツを要する箇所です。
Oさん、問題ないようですねー


P3092302.jpg
画像奥ではOさんのご友人様もみえて準備なさってましたー


P3092304.jpg
センターのセクション、キール部分のテンションを掛けたら
チャイン、ガンネル部分の作業になります。

カレント2.0は旧K-LHTに採用されていたミッドコネクターバーにより
テンションを掛けます。

まず前後、のジョイントをセットします。


P3092307.jpg
続いてミッドコネクターバーの中心部の作業になります。
このミッドコネクターバー、画像の様に前後のコネクターバーを
オーバースリーブが被せられる様に真っ直ぐに調整します。


P3092308.jpg
フレームを調整しつつ、オーバースリーブを所定の位置までスライドさせて完了です。

この作業、慣れてしまえばどうという事もないのですが、
始めの内は結構苦戦するかも知れません(汗)


P3092309.jpg
ガンネル部分です。
画像の様にフレーム位置を調整しながら合わせます。
結構大きくフレームを動かしながらの作業で、

「こんなに動かして大丈夫かな?」

と思う位にうまく合う位置を探します(笑)


P3092311.jpg
前後のリブを組んで。。。


P3092314.jpg
コクピットまわりを仕上げてエアーを入れれば。。

カレント2.0 完成ーー!
シンプルで美しいですっ!


P3092318.jpg
組立説明の後、進水式を行い、Oさんはそのまま水の上に漕ぎ出されましたー

毎度思いますが、お客様の喜びの瞬間に立ち会わせていただいて光栄の限りです。
そして。。。いいなーっ(笑)

Oさん、本日は誠にありがとうございました!

ご不明な点など、いつでもお気軽にお問い合わせくださいねー


 あの海を漕ごう。
あの人に会おう。

東北関東大震災義援金 日本赤十字社のサイト

にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村ランキングに参加しています




MONTHLY


PROFILE

お問い合わせ
  • レイドバックHP
  • TEL:048-444-1507
  • MAIL:info@kayak-laidback.com
  • 営業時間 12:00〜19:00
  • 定休日 毎週水曜日
  • イベント開催日は休業となります

MOBILE
qrcode